生前贈与はうまくやると節税になる?

box

生前贈与をする意味

生前贈与は、読んで字のごとく、財産を持っている者が、無償で財産を他人に譲り渡す行為を指します。

そして、一定の要件がそろえば、相続時精算課税制度を利用することによって相続税を節税できるので、生前贈与を利用する方が増えています。

登記する際にかかる登録免許税と贈与税・相続税

生前贈与をし、それに基づいて登記名義を変える場合は、登録免許税がかかります。

これは、相続時精算課税制度の利用の有無にかかわらず必ずかかる費用です。したがって、登記までしたのに相続時精算課税制度を利用等出来ない場合は、登録免許税が無駄になってしまいます。

相続時精算課税制度の要件

相続時精算課税制度については、不動産を管轄する税務署または税理士にご相談ください。

このように申す理由は、登記以外の税については、その道の専門家にお伺いする方が確実であるばかりか、われわれとしても、お客様が登記をして良かったと思って頂けることが最良のやりがいと思うからです。

そうであるから、逆に登記するのは無ししようという結論に至った場合でも、それはそれで良いと考えます。

初回相談は30分無料

ご相談だけでも構いません。(2回目以降30分3,000円)

今すぐ相談する

関連記事

  1. news00005 自分が亡くなった時にちゃんと遺言書が発見されるように管理したい
PAGE TOP